fc2ブログ

ひげ太のマスオ日記2

妻の実家は面白い、義父は友蔵、義母は母すみれ、義妹はまるこ(ももこ)、妻は姉さきこ なんでこの家はキャラが揃ってるんだぁ~ おれ?おれはヒロシさ(-_-)ふっふっふっ...

異業種交流

先日、飲んで帰った晩に書いたけど

翌朝見たらアップされていなかった日記ですが発掘しました(笑




社会人のみなさん営業してますか?

ひげ太は営業に向いていません

というか最初の正社員は営業でしたが

他人の作ったモノを笑顔で売ることが出来ませんでした




それで作る側にまわったんですが

もしあなたが営業職ではなく対外的な業務も無い職種だとしても

一社会人として自分の会社の印象を下げるような行為は避け

出来れば自社の売り上げに貢献するような行動を取ることでしょう!

それさえも出来ない・やらない・関係ないという人は社会性にかけるかな?




そんな人の交友関係ってどうでしょう?




ひげ太はたまたま地元に希望の職種を見つけて転職しましたが

地元に戻った当初の交友関係(飲み友達)は中学校の同級生で地元に残る長男連中+α

毎回同じメンツで代わり映えがしない(女子は減り独身男性が残りがち)

そこでネットで共通の趣味(バイク)の仲間を増やしたりしていました




しかしネットで知り合い一緒にツーリングに行く仲間とは

(一部を除いて)しょせんハンドルネームで呼び合う程度である

もっと濃い一生付き合える仲間を増やしたい!

と思い社長がことあるごとに話をする団体に入会したのが7年前

40歳で自動的に卒業となるその団体はJCIといい世界規模の組織です




その団体に入会し40で卒業するとOB会が存在しそのまま入会することが自然な成り行き

そして年に一度の総会があり本日がそうでした

簡単な議事進行を交えつつ懇親会となるのが定例です




この団体は地元の企業経営者や個人事業主や後継者がメインで

数年に一度ひげ太のようなサラリーマンも入会します




ただサラリーマンをしているだけだと仕事上で外との取引でもない限り

他社の方との交流も無く定年まで過ごすことになるのでしょう

もちろん子供が出来て幼稚園に行くと役員をやらされたりして

ママ友などできる場合もありますが...




なぜこんなことを書いているかというと

今夜の2次会に誘っていただいたメンツが凄かったなぁと

こんなメンツで飲めるのもこの団体に入会して頑張った結果だなぁ~

その代わり重鎮ぞろいの中で最年少のひげ太はまったく酔えませんでしたΣ(´□`;)ハゥ




運転代行で帰ってきてもシャワーを浴びれる余裕もあるし

こんなブログを書いてる余裕もある(更新ボタンを押し忘れたが...)




単なる偉業種交流イベントでは積極的に名刺交換したりして

積極的なアプローチが必要になったりします(人見知りなひげ太は苦手)

それに引き換えJCに入会しがんばると自然に異業者との交流がはかれます




2次会が重鎮と一緒で酔えなかったとはいえつまらなかったかと言うとそうではなく

同じ地域で生きているメンバーなので共通の知人が居たり

重鎮が活動していた頃の思い出話も実家の近所だったり

怖い先輩だと恐れていたのだが実は優しい人だったり





あの先輩と飲むと朝まで開放されないという都市伝説も

さすがに年齢的な問題で早くお見送りすることになったりして

同年代で気兼ねなく飲むのもいいけど

楽しい宴でした(^_-)vブイブイッ




明日は...雨だけどツーリング...

目的地は回復予定だし雨は往路だけかな?

これから準備です(^ー^* )フフ♪




 
スポンサーサイト



テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/04/13(金) 23:59:08|
  2. JCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おとなの遠足

まぁ~簡単にいうと同級生の墓参りに須賀川まで行って来ました

メンツはひげ太とM君・H君・O君の4人

朝9時半に若手のM君がクルマでお迎えです

墓参りグッズは向こうで買えばいいかって話でしたが

せっかくだからこっちで揃えようと供物や水を持って行きました





そんな訳で予定はずれ込みなんとか高速に乗りました

M君の予定によると休憩は那須高原SAだそうな

でも同行のO君が咽が渇いたと駄々をこね都賀西方PAへ

久々の遠足気分でお菓子を購入するがあまり美味しくない





一部区間で交通量が多かったがおおむね順調?にすすみ

M君の予定を30分以上遅れて那須高原SAに到着

なんでもここでソフトクリームを食べたかったらしい

とちおとめソフト

(地元栃木のイチゴ)とちおとめソフトとバニラのミックス

予想通りの味にバニラだけにすればよかった(牧場地帯だし)とH君と話していたら

M君は「味がぼやけちゃってるからとちおとめだけにすればよかった」と





そんなこんなで須賀川ICで下りて墓のあるお寺へ

簡単にお参りを済ませて境内を見渡すと面白い看板があった

写真は撮らなかったが修行して物事をレーダーの如く見通せるらしい

レーダーの如く...「○○霊断法...」れいだんほう...レーダー法?

字は間違ってるかもしれないがダジャレか?





住職に挨拶をしこの後は昼飯の予定だというと蕎麦屋を勧められた

丁寧に地図を出してきて教えてくれるのだが

横から覗いても「こっちが近くて判り易いだろ!」な道がある

きっと目の前の地図は透けて見えてるんだろうか





というわけでお勧めの店に最短で向かいました

メニューは「ざる」とか「せいろ」ではなく「板そば」なのね

んで運転手のM君が飲んでもいいよというので遠慮なく

じゃぁ~蕎麦は締めでなんかツマミをとかき揚げと...

そば粉の餃子?

なんで蕎麦屋で餃子?とテンションが下がったが

良く見ると皮はそば粉で作ってると...なっとく





出てきたのはちょっと素人風である

そば餃子

食べてみると若干皮が硬くてそば粉っぽいかな~

それより冷めるとしぼんじゃって素人丸出し(野菜の水切りが不十分)

ひげ太が作った餃子と同じ味だしね





もう一つ頼んだのがそば田楽

そばの田楽?

でかいのかと勝手に想像してたが出てきたら意外に小さく

しかも蕎麦がきのように粉を練って形にしたものだと思ったら

そば田楽

なんと麺を固めてあった(ケッコウいける)





さて生ビールもグラスで3杯目に突入するところで蕎麦を頼む

板そば

お盆のような板に並べられたそばは手打ちらしく太さがバラバラ

新そばの季節にはまだまだのこの時期だから香りは無いが(酔っ払ってるし)

汁がしょっぱすぎてつけ加減が難しい(酔っ払ってるし)




ビール飲み過ぎてそばが食えなくなりそうだったので蕎麦を優先したひげ太に対し

ビールが飲めなくなるからと蕎麦を残すO君

優先順位

人によって優先順位は違うのだなぁ~と妙に実感






須賀川IC近くの『いげた』さんです

いげた

けっこう客が入ってたので美味しいんでしょうな!

素面の時に来てみたいかな~でも汁がしょっぱすぎだよ!





まだ時間が早いので帰りは真っ直ぐ帰らずどこかに寄ろうということに

R294で簗で鮎でも食うか?温泉にでも入ってくか?

とりあえず2~3区間高速に乗ることにした

帰りも那須高原SAによって(飲みすぎてトイレが近い)土産を物色






那須ICで下りたところで美味いコロッケ屋の話になり予定変更!

車内のBGMも爺さんの講演に切り替わったところで一同爆睡

気が付くと到着してました

和気精肉店

大田原市の南側にある街道沿いの小さな精肉店ですが

コロッケ(100円)が有名で狭い駐車場もひっきりなしに出入りがあり

警備員が1名雇われています(週末だけかな?)






さっそく自宅用に購入し1個その場で食べました

コロッケ

揚げたて熱々ですが味付けが強めにしてありソースを掛けずにイケます

冷めても美味しいようにですかね





おなかも満たされた面々は寄り道せずに真っ直ぐ?帰ることに

途中で和菓子屋に寄ったけど何も買いませんでした(評判の品が無かった)

そんなこんなで帰りも家まで送ってもらって遠足終了!





たまにはこんなのもイイネ




M君お疲れ様!




次もよろしくねと言われたM君だが

次はバス手配します!と返された




 

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2010/09/26(日) 23:47:35|
  2. JCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の終わり

夏の終わりと言えば地元の野外フェス

「ベリテン・ライブ2010」

にクリーンスタッフとして参加してきました(ボランティア)






地元のFM局『レディオ・ベリー』の10周年記念事業として行われた「ベリテン」

1年で終わらず今年で8回目

名称は変わらず「ベリーなテンションでゴニョゴニョ...」だそうです








クリーンスタッフは3年前から依頼されてて初回も参加してます

途中は受験生だったので欠席してましたがことしは2度目の参加

早起きしてスタッフ駐車場に車を停めてスタッフTシャツに着替えます

スタッフTシャツ

今年はそろいのキャップも支給されましたがロゴが2009?

去年の残り物か!ボランティアなんてそんなもんさぁ~

きっと正規スタッフは...他のスタッフも2009でした

売れ残り?






さて配置も決まってスタンバイOK!

開場の時間になると続々とお客が入ってきます

開場

ひげ太の持ち場は1番いい場所ともいえるホボ正面の最奥

木陰で少々の雨も気にならずはるか遠くにステージも見えます(裸眼で1.5)






ライブが始まってもひげ太の持ち場は全く暇です

ほとんど動かないままにランチ休憩(コンビニ弁当支給)

それでも分別のお願いをしていましたが

他の部署がとても大変そうだったのでヘルプに行きました






ヘルプに入れば楽になるだろうと思って行ったのに

そこにいたヤツどこかへ行ってしまいひげ太が動けない

しまった!と気が付いた時にはもう手遅れでした

小雨も降ってきたり日差しも照りつけたり

移動しなきゃこんな状況はなんでもなかったのにぃ~~~







でも暇より忙しいほうが楽しいですからね

ライブ途中

ステージは振り返らないと見れませんし

出展ブースの目の前だったので美味しそうなフードや

生ビールの誘惑が襲います

結局、終わるまでトイレにも行けずでした(汗で出ちゃったし)






何だかんだいってちょっと押したみたいだけど

トリのユニコーンも盛り上がって終わったようで

ゴミ箱を片付けて終了!08時から20時までの12時間でした!

かえりにお好み焼き屋で打ち上げしました







「やっぱり夏フェスは面白い!」っていう感覚?

お金払ってる客に負けない楽しさがあった一日でした

学生のバイトスタッフも居て時給800円らしいけど

金を貰うと金額と作業内容を比べちゃうんだよね~

やっぱりボランティアだから楽しめるんだと思う!






来年もスケジュール空いてたらぜひ参加しよう!







チケット買って家族でノンビリってのも楽しそうだなぁ~






そうそう!魚幸さんが四国・中国地方をツーリングしてきました

お土産に呉の大和ミュージアム?で買った地ビールセットいただきました

海軍ビール

大和だけに『海軍ビール』です

天然酵母らしく消費期限が短いので急いで飲まなきゃ!






 

テーマ:野外フェスティバル - ジャンル:音楽

  1. 2010/09/13(月) 23:11:55|
  2. JCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

金沢+2+1レベル1

卒業した団体の所属する委員会の打ち上げを兼ねて旅行に行ってきました

昨年は日帰りのメンバーにも配慮して県内の山間部に行きましたが

『山には珍味はあれど美味いもの無し!』という格言が生まれたので

今年は海に行こう!冬の海なら日本海は富山湾だぁ~~~

という訳で金沢に一泊二日のバスツアーとなりました





車庫から集合場所への途中に住んでるひげ太は拾ってもらいます

出発の朝

前日に買出ししようかと幹事役に連絡したら既にやってあるというので軽装です

着替えととりあえずのツマミとして韓国のりを用意するのみ

このときはまだ幹事の見積もりの甘さは露呈していないのである






集合場所にて見送りのメンバーとも挨拶をして参加者が揃えば当然宴会の始まりである

途中のPAに停まるたびにつまみを仕入れて宴は続く

朝から宴会

しかし何故群馬のPAで厚木のB級グルメ「シロコロ」?

味はぜんぜん普通のおかきですけどね...





バス

今回のバスは小型の25人乗り参加者は8人で貸切である

後ろがラウンジに成っており全員でテーブルを囲む事もできた

ちなみに今回は参加メンバーの一人が旅行社を経営しており

自社バスを使っての儲け無しでやってくれてリーズナブルな旅となっています








そんなこんなで車中も盛り上がり何年かぶりにデコピンなんてものをやったりやられたり

しているうちに幹事が2日分の予定で用意していた酒を飲みつくしたところでランチです

1日目のランチは小布施のこちら

小布施でランチ



庭園を眺めて

庭園を眺めながらの会食で御座います

小布施ランチ

とても美味しい食事だったと思います...思います思います思います

酔っ払ってて腹いっぱいで無理やり詰め込んだのは言うまでもない...






ランチを終えて酒を追加してさらにバスは進む

時化の日本海

この日の日本海は時化模様でした

それでも雨とか雪とかは降らずに金沢市内へ到着

金沢駅

お泊りは駅前のビジネスホテルです







チェックインを手短に済ませて一次会の店にタクシー移動

このとき既にメンバーの中では3次会とも4次会とも言われていたが...

金沢で美味い海鮮を食らうべく到着したのはここ

田村

料理は美味しかったです....きっと...そうに違いない...

一次会

もうべろんべろんでしたから乾杯しても二口くらい飲んでウーロン茶にスイッチ

窓の外には河が流れており橋が架かっていましたね(橋の名前聞いたのに忘れた)







二次会は繁華街へ出てキレイなオネーサンの要る店でしたが

ここでも酒はなめる程度でずっと水飲んでましたヾ(@゚▽゚@)ノあはは

この店の入っている建物の前にはブラジャーを売ってる自販機があるそうです

お店のオネーサンがそんな話をしていたのを聞いてTVで観たことあるような気が....

ワンサイズ小さいのを買うのがコツだそうです(あふれるくらいがいいってこと?)







金沢の夜を満喫した一行は酔い覚ましにホテルまで歩こうといって店を後に

途中のゲーセンで2名離脱(ぬいぐるみをゲットして店に戻ったらしい)

残りのメンバーはホテルの直前で営業しているすし屋を発見し

弥助


3~4カン食べて寝よう...的なのりで店に入ったが

高級食材の『のどぐろ』の値段が1カン1000円と聞き

腹の具合というより懐具合で4カン程度食べて撤退をきめた







でも寒ブリの刺身の厚く切ったところに

大根ずりと生姜に醤油を加えたのをのせて食べたやつチョ~美味ぇ~

富山湾ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ マンセー♪







なぜかひげ太の部屋はテレビが見れなかったのでそそくさと就寝

1次会2次会と酒を控えたせいか朝はスッキリとした目覚めであった

朝もやの駅前の景色がいい感じだったがゆっくりと風呂に入って

出発の30分前にチェックアウトし近所をさんぽ

朝の金沢駅

ずいぶんな形の駅だなぁ~と思ったら駅舎は普通で駅前の屋根がトラスで大きく組んであり

その入り口に鼓のつくりをイメージした門がある

何とかの門

名前は忘れたがこんなものに興味を示す辺りは仕事を忘れていない






2日目の初めは近江市場(築地で言えば場外か?)でお買い物

近江市場

土産を購入する目的もあるが食べ歩きもまたよし

ゲソ串焼き

このゲソの串焼きがまた美味かったのね~







でまたランチは市場内にある「もりもり寿司」(そんな店名だったか?)

モリモリ寿司

だれかが昨夜仕入れた情報によるとこの店がお勧めだったらしい

確かに北陸の回転寿司はおおよそネタも新鮮で美味い!

地元のチェーン店とは訳が違う(海なし県と比べちゃ駄目だけど)






満腹になった後は腹ごなしも兼ねて兼六園にて散策

兼六園

酔っ払いの一行は順路もへったくれもなく池の回りをプラプラし

池のほとりの茶屋で一服(ひげ太は抹茶だがワンカップの猛者も)

抹茶


兼六園の前には加賀城跡もあるが今回はスルー

加賀城跡

だって早く帰らないと夜中になっちゃうんですもの~







バスに乗り込む前に酒屋で買出ししていざ出発

帰路

なぜか二日目は皆さんトイレが近くてPAも小刻みになる

おかげでひげ太もトイレに行けて楽でしたけどね

伝説

そんな中、一人の男が(右側最前列)車内で伝説を作りました

詳細は個人の尊厳と社会的地位に影響が大きいので自粛






近江市場での回転寿司もたらふく食ったけど流石に昼前だったし

ツマミながら飲み続けたとはいえ腹も減ったので長野県内に入った辺りで蕎麦を食う

かけそば

温かい蕎麦が食べたいけれど天ぷらは胃が重いので『かけそば(ネギ抜き)』







その後も1000円乗り放題が無かったおかげで渋滞も無く進行

一旦R50を走り再度高速に乗って佐野のSAで最後の休憩

佐野のイルミ

さっき蕎麦食べた(他者はラーメンなど)くせに晩飯どうすんだ?の話になったが

フードコートの自販機に長蛇の列が出来ていたので断念

おにぎりでも買ってバスで食うかと物色していたら見つけました

やっぱり北陸に行ったからにはコレ食わなきゃ~でしょ?

マス寿司

富山名産『ますの寿し』

なにも帰宅目前の佐野SAで買わなくても?というか何故ここで売ってるの?

でも美味いのねん






冒頭でも書いたけど今回の打ち上げ旅行はメンバーの会社のバスを使って

儲けなしの企画なので見積もりをオーバーした分は当然みんなで精算する

でもただ割り勘じゃ~つまらないのでビンゴで当たった順に支払いが多くなる

スライド方式にして楽しんだ(ちなみにひげ太は追加5000円)

そうそう、帰りの車中で見た『おっぱいバレー』と『フラガール』

どちらも大変よい映画でした(小さいモニターで最後列からだったけど...)







そんなこんなで36時間ぶりの帰宅で体重計に乗ると

体重+2kg、体脂肪率+1%、体脂肪レベル+1

予想通りですけどね(ー) フフフ






2日間飲んだくれでしたが楽しい思い出になりました

1年間一緒に戦ってくれた同志に改めて感謝します

ひげ太は卒業しちゃったけれどこれからも応援しますし

なにかあれば協力いたします

最後に最高のメンバーと出会えてよかった






そんな彼らから記念品をいただきました

ジェットボイル

大切に使わせていただきます





 

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2009/12/28(月) 02:47:21|
  2. JCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

卒業記念

卒論みたいなものなので暇な時にゆっくりご覧ください





本文↓

所属する団体を卒業しました

別に嫌気が差して辞めた訳ではありません

会員資格が20~40歳の青年経済人となっていて今年40歳になり

年度が1月~12月なので今月で卒業となる訳です






卒業証書

所属していた団体は『青年会議所』といい社団法人です

よく商工会議所の青年部と間違われますが別の団体です

商工会議所というのは地域の商工業者が会費を払って地域経済の発展と

会員の収益向上を狙って集まっている団体








青年会議所というのは「JCI(Junior Chamber International)」という国際組織で

国連加盟国よりも多くの国に存在しその目的を簡単にいうと

『(青年として)よりよい地域の為に積極的に変化を促す(団体)』

日本には日本青年会議所があり身近な地域ごとにLOMとよばれる青年会議所があります







運営資金は会員の支払う会費のみで年会費の額はLOMによって違いますが

ひげ太のところでは年間10万円となっています(高いでしょ?)

会員から集められた年会費(80人いれば800万)でイロイロな事業が行われます

上部団体の負担金も含まれます(ちなみに「JCI」には$10.5/人)







事業内容は「奉仕・修練・友情」の三信条があるように

地域をよくする為に講師を招いた公開の講演会を開催したり

また小学4~6年生を親から離して4泊5日で100km歩かせて

活きる力を醸成させその運営をする中で大学生ボランティアのリーダー育成もする

歩いたこどもが数年後ボランティアで参加し社会人となり地域のリーダーとなる

そんな長いスパンでの研修・学習プログラムを作ったり






テクニックや西洋的価絵画観ではなく表現する自由な発想を重視した

『創造美育』を理念とした美術展(中学生以下)を開催したり

去年のエコキャップに続いて先月行った「雑紙チャレンジ活動」は

燃えるごみとして出しているものの半数が紙類でそのほとんどが

分別するひと手間で資源になるとCO2だけでなく焼却経費(税金)も減らせる

それをイベントとして市民に参加してもらい分別の習慣を身につけてもらうなど







対外的(オープン)な事業のほかに会員の資質を向上する講演・研修もあり

また会員相互の交流事業(新年会・忘年会・レクリエーション・家族パーティ)もあります

会場費や盛り上げるための設えは事業費ですが飲食代はそのつど徴収されます(別会計)

ナツキチのニュータイプ覚醒で欠席した今年のパーティには

懐かしのお笑い「レギュラー」を呼んだそうです

(ネタもイマイチなら態度もイマイチだったそうです)






何故ここでこの団体のことを詳しく書いているかというと

いままでこんな団体を知らなかった人も多いと思いますが

意外にあなたの身近にも存在し活動しています

きっと気が付かないままイベントに参加していたかもしれません

OBには多くの著名人がいますので検索してみてください







検索するとこの団体に対するネガティブなイメージが多々出てきます

掲げている理念や事業内容はとても素晴らしいのに残念です

もちろん参加者のすべてが理念や活動方針に共感して入会しているわけでもなく

仕事上の付き合いなどの損得で入会しているメンバーが大半です

やらずに文句言うより偽善だろうがやってるメンバーをひげ太は尊敬します







高い年会費のためメンバーのほとんどが経営者(又は後継者)なので

打上げの派手さから対外的なイメージが悪いのは妬みもあるのでしょう

青年といえど30前後の経済的に余裕のあるボンボンですからね

仕事上は接待もあるでしょうしデカイ取引の為なら一晩にバーンと使う事もあるでしょう

それで仕事が取れれば従業員の為にもなりますからね

そんな夜の金の使い方の練習の場も時間外で先輩から教わる事もあるでしょう







それでもこのところの経済状況ではそうそう派手には行かないですがね

入会当初は口の聞き方も知らないボンボンも卒業するころにはかなり立派になります

街のボンボンを街の名士に育てる幼稚園みたいなものだというのは間違ってないですね

たとえば貴方の御子息が通われる学校のPTA会長はJC関係者かもしれませんよ






さてそんな団体とは(半分)知らずに入会したひげ太(サラリーマン)ですが

入会当初は『なんじゃこりゃ?えらいところにはいってもうた!』と思ったものです

タバコは平気でガンガン吸うし集まりの後は必ず飲みに行く

帰宅すりゃ~ニコチン臭さに深夜酔っ払ってても風呂に入いらにゃ~寝れん

辞めようと思うこと度々ですが多少は慣れてもくるし何よりやってること(事業)は素晴らしい






毎回飲みに行くのは酒好きだからだけじゃなく(そういう人も勿論いる)

委員会に配属されて事業を担当するんですがその作りこみから本気でやると

議論も熱が入り会場の都合で居酒屋に移って話し込んだりしますし

一緒に事業に参加した同志と打ち上げたくなる感情が頻繁に出てきます

もちろん仕事後に集まってからなので終わるのも深夜だったりします

飲み代も帰りの代行代ももちろん自腹です






なんだかんだで毎週のように出かけますし飲んで代行で帰る

年会費の他に自由になる金がないと思うようには参加できません

もちろん酒飲みは自由参加ですし飲まずに帰る人もいます

代行代と健康に気を使ってか飲み屋でもウーロン茶の人も多いです

ひげ太の場合は比較的近距離なので代行代が安いのと

小遣い制ではなく自由になる金が多少あるのでなんとか卒業まで続ける事ができました







5年間所属しましたからバイクが買えるくらいは出費したでしょうね

それよりも名だたる地元の金持ち連中と知り合えたこと

肩を抱き合って酒が飲める仲間ができたことが嬉しいですね

転職を期に地元に戻っても酒飲みは中学の同級生くらい

ネットで地元ライダーと知り合ったりしたけどツーリングと年賀状のやりとり程度で

なかなか親密な関係には進んでいかない

そんな中、適当なボランティア団体を探している時に存在を知り入会したので

結果的には目的も達成できているといえます







ただし、仕事に結びついたりというのは積極的に参加し

信頼できる仲間となりえた場合であって経営者として代替わりするなど

卒業した後に現れてくるものでそれだけを期待して入会しても

中途半端な参加では金を払った上に信用も失うだけ

もし貴方に年会費+毎週の飲み代が払える余裕があるのであれば

とても有意義な時間が過ごせるでしょう(貴方次第ですが)

気持ちのいい達成感が味わえるのもお勧めのポイントです







動機は不純であろうが偽善だろうがやってる内容は素晴らしく

その活動の為には会員拡大も重要なので案内もしている訳で

メンバーは地元の経営者がほとんどで独身(男)が半数くらいはいるでしょうか?

まれに女性メンバーもいておおよそ独身です(もちろん経営者)

婚活の一環としてもどうでしょう?(笑







世の中にはこんな団体もありこんな活動をしている人たちがいるんだなぁ~と

このブログを見ている僅かな人だけでも知ってもらえればなによりです

もちろんコレを読んで入会される人がいたら書いたかいがあるというものです








この経済状況ですが代わり映えの無い日々を送る30過ぎて独身のあなた

老後まで付き合える飲み仲間はどれくらいいますか?

何かをやろうとしたときに力に成ってくれる友人はどれくらいいますか?

同業者・異業種・年齢に関係なく相談できる相手はどれくらいいますか?







未来はやってくるものではなく創っていくものです

よりよい地域のためには人の意識を変える

他人の意識を変えるのは大変である

容易に変えられるのは自分の意識だけ






まだ世界は終わりじゃない






 
卒業式でひげ太が後輩に対して話した事は

入会したての頃に感じた違和感を忘れず取り除く努力をしましょう

それは会員の拡大に対する障害を取り除くという事と

JCの当たり前が世間離れしているということの矯正にもなるでしょう








また卒業するまでにひげ太が残せたことは

一つはサラリーマンでも充分参加できるという実績

二つ目は卒業生という立場を乱用して酒飲みの場を禁煙にしたこと

この団体は喫煙率が高く事業の後の懇親会の席では煙がもうもうと立ちこめ

タバコを吸わないメンバーにとっては帰宅して着替える時にうんざりするほど







これを半年前くらいから身近なところから説得し

担当する事業の後の懇親会から禁煙にしつつ

「忘年会を禁煙にしないなら卒業式に出ない!」

と職権乱用したことでLOM内の分煙意識を高める事ができたし

実際に卒業式後の忘年会も会場内は禁煙にする事を実現!






この団体、全国的に見るとまったく喫煙に対する意識は低く

世界的に見ても日本の喫煙意識の低さは有名らしい

日本を変えるためにまずは地元の意識を変えてみました

さて日本青年会議所の喫煙意識が変わるのは何年後かなぁ~






そうそう卒業記念に貰った品も紹介しましょう

毎年卒業生には記念品を贈る習慣があり

数年前にひげ太が担当者だった時はチタンの認印を贈らせていただきました

卒業生も記念品を寄贈する習慣があります(自腹)(TT)b

今年いただいたのはこれ↓

Gショック

カシオのGショックです




Gショックの記念モデルと言えばELバックライト

バックライト

JCIのマークが浮かびます

ちなみにマークに地球儀が入っているのは国連とユニセフとJCIだけ...かな?






ベルトには名前とメンバーIDが刻まれています

IDネーム

どんなものでも贈る側の気持ちが感じられると嬉しいものです








 
  1. 2009/12/12(土) 02:17:43|
  2. JCI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ひげ太.

Author:ひげ太.
カツオのいない磯野家はマスオが主役(^_-)V

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日常 (450)
クルマ (349)
KDH206V (36)
LH119V (129)
JA11V (53)
RG1 (6)
バイク (539)
GPz750 (56)
GT750 (73)
Vストローム250 (10)
スーパーシェルパ (6)
KLX230RS (31)
CRF125F (11)
リトルカブ (32)
CL50 (6)
自転車 (6)
カメラ (10)
DVT (9)
JCI (8)
建築 (104)
プロフィール (1)
シネマ (79)
園芸 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード