fc2ブログ

ひげ太のマスオ日記2

妻の実家は面白い、義父は友蔵、義母は母すみれ、義妹はまるこ(ももこ)、妻は姉さきこ なんでこの家はキャラが揃ってるんだぁ~ おれ?おれはヒロシさ(-_-)ふっふっふっ...

県産材で家を建てる

たまには建築の話でも

先日、構造設計者の団体で製材工場を見学しました

200201-154912-IMG_4069.jpg

その時に勉強になった内容を加味してのお話です



その前に建築物の構造には

圧縮に強いが引っ張りに弱いコンクリート(規格はJIS)と

引っ張りには強い鉄筋(規格はJIS)を組み合わせた鉄筋コンクリート造(RC造)



工業製品(規格は当然JIS)である鉄骨を用いた鉄骨造(S造)

その両方を組み合わせたSRC造

天然資源である木材(規格はJAS)を使った木造(W造)



そのほかにも組積造(そせきぞう)というのも有ります

石を積んだりレンガを積んだり...三匹の子豚のレンガの家(^_-)b

日本だとCB(コンクリートブロックを積んだり)造というのもあります



さて皆さん家を建てたいと思った時に「木の家が好い!」とおっしゃいます

この場合の木の家というのは構造種別の木造のことでしょうか?

手に触れる部分や目に見える部分に木が使われていればいいの?



その次に丈夫な家が良いともおっしゃいます

当然ですね、ローンを組んで買うものが丈夫でなかったら困ります

しかしその丈夫な家を...丈夫ってなんですか?



我々構造設計者からすると木造は厄介なのです

鉄骨造や鉄筋コンクリート造であれば構造計算をして耐震性を確認できます

しかし木造の構造計算はややこしいんです



昔から経験を積んだ大工さんが作るから大丈夫?

大工さんは構造計算をしていません(一部を除いておきます)

下請けの設計事務所の建築士が設計してるから大丈夫?



下請けの設計者は構造計算が出来ますか?

多くの一級建築士が壁量計算も出来ないことが判明したから

4号特例が廃止にならなかった?という可笑しな情報もあります



4号特例とは「建築士が設計した建物は審査内容を一部省略する」

という建築確認申請の構造に関する規定を免除した内容です

「いんちき建築士がいるから特例を廃止する」と国が言ったら困る建築士が居る



そりゃ~お前が居るから廃止になるんだよ!とはいわず

業界が必死で反対したらしい...

出来て当たり前、やってて当然の壁量計算が出来ない建築士多数...



話がそれましたが木造の構造計算はやっかいなのです

壁量計算は構造計算の中でも簡易的な計算なので意匠専門の建築士でも...

というか出来ないのに建築士試験に合格してる時点でおかしいのですが



また話がそれましたが木材の構造計算がなぜ厄介か?

最初のところで材料の規格について書きましたが木材はJAS(その他は概ねJIS)

JASとは日本農林規格のことです(JISは日本産業規格)



木材は山に生えてる天然の植物なので農産物と同じ農林規格で扱われます

さて建築木材の規格区分についてですが下記の表の通りです

JAS機械等級区分

一番下の『枠組壁工法構造用製材』というのは2x4(ツーバイフォー)工法に使います

それ以外の製材とくくられたもので一般的な木造住宅(在来軸組工法)は作られます



大きく分けると『構造用』と『造作用』『下地用』『広葉樹』に別けられますが

今回は上部の『構造用製材』についてのお話です(やっときた)

現在、多くの大工さんや工務店やハウスメーカー(もかな?)が使っているのは?



黄色い部分の『目視等級区分構造用製材』が殆どです

説明欄を見ると「目視により測定し等級区分するもの」

見た目で判断しています...「A5ランクの和牛」と一緒です...



余談ですが和牛のランクのA5も見た目の霜降り度合い...

何を食べさせてどんな環境で育てたか?味は?

消費者にとって関心のある知りたい情報とはまったく関係ありません



それと同様に国内の建築木材市場では見た目で等級が付いています

まぁ~見た目を気にする純和風建築なら判りますが

今時の洋風な家では柱も見えないし梁も見えないので等級の低い材が使われます



それはそれでいいと思います

見えないところに見た目の良い高価な材料は必要ありません

構造設計者として言いたいのは材料の強度はどうなってるの?ということ



木造の構造計算が厄介なのはそこです

建築基準法には樹種によって基準強度は決められていますが

天然のものなのでバラつきがある為、かなり安全側になっています



まぁ~それは安全側なので問題ありませんというか

計算で決められたタワミの範囲だからと梁の背(せい:縦の寸法)をきめると

人間の敏感なセンサーでは感じられてしまいますからクレームです



だから経験豊富な大工さんのイメージする梁せいは大きいです

計算するとそんな大きいのは不要だったりします(無駄とはいわない)

しかし余分なお金を払いたくない払う余裕が無い人からすると?




やはり構造計算をして問題が起こらない程度に材料を小さくすることが必要

そこで構造用製材の中の一番下にある『機械等級区分構造用製材』に注目です

一般的な目視等級区分との違いは製材した後に機械で強度を測定します



この動画は山から切り出してきた丸太を四角い柱や梁に加工する機械です

その切り口や寸法を目視で判断して等級をつけるのが「目視等級区分構造用製材」



その後に別な機械に流して機械的にヤング係数(曲げに対する強さ)を測定します

200201-155539-IMG_4071.jpg

その測定結果は機械の最後の工程でレーザーによる焼印がついて出荷されます

つまりその材料そのものの強度により構造計算が出来るのです

強度のハッキリしない天然の材料で構造計算するのは安全率が...



とココまで長々と書いたのもこの製材工場が

栃木県でも3社しかないJAS認定工場のひとつだから

それを見学した構造設計者の団体向けアピールの場ですから



輸入建材に圧されて衰退しつつある国内林業を救う為

多少高くても強度の明確なこの工場のJAS規格材を使ってください

といわれるのかと思っていたんですが



実は価格で圧されていた輸入木材に対抗できるまで

国内産の木材価格も下がっているそうです(ヘタすりゃ安い)

それは補助金のおかげ



単位面積当たりの切り出し価格は輸入材価格と同等

しかし山の木を売った地主は苗木を買って植えなきゃいけない

そして植えて4年は草を刈らないと育たないのでその分は赤字



その赤字分は補助金が出るようです

放って置くと花粉ばかり出してCO2を吸わない老木だらけに

既になってますがw健全な山を育てるには国内産を消費しないと



また話がそれましたが国内産の木材も輸入材と価格は同等です

それでもJAS認定をとった機械等級区分はお高いんでしょう?

ココの製材所の社長いわく「価格据え置きで頑張ります!」



おおぉ~~~すばらしい!しゃちょぉ~日本一!

というわけで木造の家を建てるならオール県産材で建てても高くない!

なんなら少し安くなるかもしれないですよ!



安く買うルートも教えてもらいましたから~(^_-)



というわけで家を建てる時は御相談ください!

という営業ネタでたまには書いてみました



ちなみに栃木県は桧の北限となっており目の詰まった良い桧が取れます

また杉も同様に強度の高いものが取れますので集成材にしなくても

梁としても使用が可能なのでオール杉の家なんてのも可



出来れば自邸をオール杉で建てたかったのは10年くらい前...



 
スポンサーサイト



テーマ:建築設計 - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2020/02/13(木) 11:59:50|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひげ太.

Author:ひげ太.
カツオのいない磯野家はマスオが主役(^_-)V

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日常 (450)
クルマ (349)
KDH206V (36)
LH119V (129)
JA11V (53)
RG1 (6)
バイク (539)
GPz750 (56)
GT750 (73)
Vストローム250 (10)
スーパーシェルパ (6)
KLX230RS (31)
CRF125F (11)
リトルカブ (32)
CL50 (6)
自転車 (6)
カメラ (10)
DVT (9)
JCI (8)
建築 (104)
プロフィール (1)
シネマ (79)
園芸 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード