fc2ブログ

ひげ太のマスオ日記2

妻の実家は面白い、義父は友蔵、義母は母すみれ、義妹はまるこ(ももこ)、妻は姉さきこ なんでこの家はキャラが揃ってるんだぁ~ おれ?おれはヒロシさ(-_-)ふっふっふっ...

断捨離計画

仕事が忙しく全然バイクに乗れてません

ガレージの一角で開業した影響でガレージも狭くなり

相対的に台数が多いため出し入れも面倒になった



そこで乗ってないバイクは手放そうと決意しまして

候補としては最後まで残そうと思ってたスーパーシェルパ

それとCRF125Fの2台を売ってしまおうと考えてます



シェルパは好いバイクなんですがシート幅が狭いのだけが難点

150711-182321-IMG_9223.jpg

フロントにも純正キャリアを付けて積載性はバッチリ!



でも長距離が辛いんです!200km超えると尻が痛い...

シートコンセプトのコンフォートシートに張り替えればいいだけ

そう思いながらなかなか実行に移さないのも他に乗るバイクがあるから



CRF125Fはそれまでレースに使っていたXR100Rが壊れたから購入

ほんとはカワサキがよかったけどKLX140Rは国内販売が無かったし

KLX125でレースはアルミリムを買ったりしないといけないのでイマイチ



そこで亀ちゃんのCRF125Fを試乗した時に好印象だったので購入

IMG_4744.jpg

しかし半年後にインジェクションモデルが発表されてしまう...

まぁ~安いから良いんですけどね



しかし人間は欲が出るものでXR100Rに比べりゃ全然楽なのに

よりらくちんなフルサイズが欲しくなるものである

しかしフルサイズの本気のレーサーは高いし速すぎる!



ところがKLX230RのしかもSが出たので買ってしまったのが一昨年

そうするとCRF125Fは要らないんですよ!

でもムスコが乗るかも?なんて考えてて売らずに置いといたんですが邪魔



CRFはメンテしてきれいにすれば

オクでそれなりに売れるような気がするけどそんな時間的余裕はない

シェルパは奇麗だし1万キロちょっとしか走ってないけど人気が無い



バイク屋に持ち込んで査定してもらって置いてくる感じかな



誰か欲しい人いますかね?



断捨離後はGPzとGTとKLXとリトルカブという4台体制に



でも減らすとまた欲しくなるんですよねぇ~きっと(^_-)b



 


 
スポンサーサイト



テーマ:オフロード - ジャンル:車・バイク

  1. 2023/03/29(水) 20:56:07|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤いSUV

我が家のJKをそそのかして原付免許を取らせることに

さらにそそのかして小特も取らせようと思っています



原付の問題集なんぞをやってるムスメも助手席で色々見るようになりました

やはりその世界の扉を開ければ見える景色が違ってくるようです

原付免許は取っても我が家に乗れるバイクはありませんし乗る気もないみたい



ところが突然「隣のおじさんが乗ってたような形の赤いのに乗りたい」

と言い放ちまして父親としては「ちょっと何言ってるのか分かんない」

とだけ返しておきましたが買ってくれという事なのだろうか?



ムスメが車の免許を取って通学か通勤かで必要になったら

とりあえずジムニーに乗ればいいやと思っていたんですが...

それが嫌で今からアピールしているのか?



それともひげ太がまたクルマ買いそうだから

今のうちリクエストしておけば希望に合うものを買うんじゃないか

なんてことをすりこんできているのか?



なんてことを考えつつ車種を考えてみる...我が名は「妄想族」

さて隣のおじさんが乗ってたクルマはスバルのフォレスター

多分SH(3代目)辺りの白だったと思う



つまり腰高の5ドアが良いのかな?

フォレスターの赤はなんだかくすんでるようなワインレッドなイメージ

フォレスター赤

こんなんでいいの?

いやいやこんなおばさんみたいな車でいいい訳ないよね



赤いSUVで思いつくのはこれだ!

エクストレイル赤

ニッサン・エクストレイル

しかもクリーンディーゼル!

維持費は安いに越したことはない(^^)b



エクストレイルは初期型のガソリンならめちゃ安いんだよね(何故?)

維持費を考えれば軽くて小さい車の方が燃費も消耗品も安い!

さらに新しいほうが故障も少ない!

CX-3赤

マツダのCX-3なんか比較的安くて燃費もいい!

しかしこの形でいいのか?

いちおうSUVなの?クロスオーバーとは謡ってるけど



しかし免許取り立ては小さい車に乗せたくない

どうせ俺が買うならオレも欲しい車にしたい!(←バカ)

というわけで...何を買えばいいんだ?



他に赤いSUVって何があるんだろう?

ラシーン赤

ラシーン...

燃費悪いんだっけ?



やっぱりエクストレイルかなぁ

幅があるから4ナンバー登録できないんだよねぇ~

基準がそこ?!



まだ1年以上悩めるね(^^ゞ


 



 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2023/03/22(水) 18:31:25|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テラス席

仕事ばかりでブログネタの無いひげ太です

というわけで今回は仕事をネタにしましょう



ひげ太の仕事は建築設計

4年前に独立した一級建築士事務所を主催しております

設計事務所の業務内容もいろいろありますが今回は増築の相談から



よく登場する「うおこうさん」正式名称は「魚幸商店」さんです

地元の古い鮮魚店でしたが現在は持ち帰りの寿司と刺身の店

223972166_4209123972514218_3941781021342646482_n.jpg

前面道路が広がり敷地が削られるから店を作り替えたのが10年くらい前



その時に言われたのが「魚屋らしくない店にしてくれ」

うちは常連さんで食っているから一見さんは来なくていい...

漢らしい店主です!



しかし店内がキレイになって始めたランチが好評で人気店に

食べログ

丁度ブログが流行ったのも情報が拡散された要因でしょう

さらにナニコレ珍百景にも紹介されU字工事のサインがウチにも



最近の御時世でランチが休みの時期もあったりしましたが

再開しても店内で食べるのを敬遠するお客さんがチラホラ

店の前のウッドデッキのテーブルで食べれないかと聞かれるように



それじゃぁ~テラス席を作りましょう!

ということで昨年の梅雨入り前には相談されていました

それがやっと完成したので紹介します(^^)b



たかがテラスの増築に10ヵ月以上かかっていたのは色々ありました

先ずはプランニングで変更が多いので当然時間が掛かる

鉄骨造で作ることに決まって構造計算後に変更だと計算しなおしです



プランが固まったら建築確認ですがここでも引っかかります

新築なら簡単なんですが今回は増築...にさらに増築...

増築は厳しくなっていて色々規制が複雑で役所を納得させるのに大変でした



着工はやっと秋から始まりましたが御時世で工程がなかなか上手くいかない

お店も営業しつつの工事なのでメインは休みの日だけなのも要因ですね

着工後の変更も工程が伸びる要因ですがやっと完成したので良かったです



完成写真

230316-171118-IMG_8158(2).jpg

道路際の下屋部分が今回の増築部分であるテラス



その後ろの四角いベージュとチャコールの部分が前回の増築部分

からし色の部分が最初の既存部分となっていて耐震補強済

これを証明するのが面倒でした(計算書が残っててラッキー)



お客様が建物角にぶつけない様にポールを建てました

230316-171000-IMG_8154(1).jpg

というか基礎の角でタイヤをこするとパンクするのでね



元々あったウッドデッキで食事を希望する人と

刺身を注文して外で待つお客さんのために屋根を掛けました

230316-170831-IMG_8150(1).jpg

優しい店主ですね(^_-)



雨が降ってきて吹き込むような時はビニールカーテンを閉めれるように

230316-170914-IMG_8153(2).jpg

といっても台風まで行かなくとも強風時は壊れるので仕舞ってもらいます



店主のこだわりが強く工事中も次から次へとリクエストが出ます

230316-170856-IMG_8152(1).jpg

ペット連れで食事したいお客様用にリードが外れにくいフックを設置

既製品は高いので施工者である幼馴染のM男君が作ってくれました



店主は猫好きなのでこんなものも

230316-170840-IMG_8151.jpg

最初に見つけたのは室内用のフットランプでしたが電気屋のYが探しました



昼は白猫ですが夜になると...黒猫に

IMG_8067(1).jpg

でも夜は営業してないんですけどね



魚幸さんの営業日は金~月(火水木は休み)ランチは要予約

持ち帰りの寿司・刺身も予約優先で閉店は18時

女将さんは手話通訳の勉強をしています(^_-)b



 


 

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

  1. 2023/03/19(日) 18:18:18|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V-CROSS 4

ヘルメットを新調しました(^^)V

現在使っているヘルメットは一般道用のMZ+CTバイザーと

オフロードレース用のVクロス2です



オフロードレース用のヘルメットは高校生の頃に最初に買ったMX-2

その次が今まで使ってたVクロス2なので今回で3つ目...物持ちいいですねw

ちなみにVクロス2は2001年製なので22年も使ったことになりますwww



まぁ~一般道で使うわけでもないので強度的には過剰ですからね

オフロードレース専用のヘルメットなんてプラチック製で超軽いのもある

でも頭を守るものですから日本製が良いので今回もアライです!



Vクロス2はさすがに20年も使っていると色々と劣化するもので

頬パッドは数年前に新調しましたが時すでにVクロス4用パーツでした

そのあと天辺の内装も注文したらもうありませんと...



この頃からヘルメットの新調計画が始まったわけですが高い!(昔の2倍)

しかしいずれは買わないといけないわけで去年の4月の物件受注で発注しました

もちろん店舗リフォームもやらせてもらったバイク用品店であるサジェスタイルに(^_-)b


サジェスタイル



しかし折からの国際流通の乱れにより内装パーツの原材料が不足しているとかで

国産のアライでさえ生産数が不足して納期が未定で年を越しました

発注から11ヵ月たった3月に入荷のお知らせがあり自宅に届きました(^^)v

230311-174910-IMG_8100(1).jpg

アライの箱も久しぶりな感じです



230311-175005-IMG_8102(1).jpg

箱を開けるとこの袋も懐かしい...保存に使ってないのバレバレ



御開帳~~~~!

230311-175050-IMG_8103.jpg

おおぉ~~シブい!

つや消し黒をオーダーしましたが画像だとグレーっぽい?

230311-174919-IMG_8101(1).jpg

ちゃんとフラットブラックです!



サイズは...L?

昔はMだったんだけどな...顔が太ったからいいのか?

被ってみたらピッタリでした(^^ゞ



内装は赤!(Vクロス2は青でした)

230311-175210-IMG_8106.jpg

今使ってる頬パッドはスペアで使えます



貼ってあるデカールが何気にカッコいいす

230311-175127-IMG_8105(1).jpg

白地に黒でアライの楕円シールがベタっと貼ってあるんではなく

グレーの抜き文字ですよ!



後ろもカッコいい!

230311-175113-IMG_8104.jpg

VX-4はプロ用じゃなかったかな?

Xの下にcrossの文字もあるけど共通なのかな?



まぁ~そんなことはどうでもよくて問題はいつ使うのか?

次のレースは...4月30日のGAIAか?

もしくは6月11日の高井富士か?



仕事がんばろ!



最近こればっかりだな

っていうかMZも2010年製だから考えないと

VZ-RAM PLUS欲しいなぁ~



素直にCT-Z買えってか(^_-)



 
  


 

テーマ:オフロード - ジャンル:車・バイク

  1. 2023/03/11(土) 18:45:09|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手造り味噌

先月ですが地元の有機農家のまんまる農園の味噌づくりに参加

去年から参加で2回目になります

去年作った味噌が美味いのです!



味噌の原材料は大豆と塩と麹(今回は米麹)

大豆はまんまる農園の有機栽培で塩もオーガニック海水塩

米麹もまんまる農園の米に麹菌を付けたもの



大豆は一晩水に浸して蒸しと茹での2種類を使います

蒸すと柔らかくなるけど纏まりにくく茹では潰すのに力がいるけど纏まる

というわけで2種類作って混ぜていきます



混ぜた大豆に塩と米麹を混ぜて纏めておきます

今回の参加者分に分けるので切れ目を入れていきます

230219-105210-IMG_7883(1).jpg

この大きさが3つあるので1/16×3ブロックがひげ太の分です

手が汚れているので作業中の画像はこれだけ



持参した樽に空気が入らないようにバシバシ投げ入れて詰めていきます

そしてきれいに均してカビ防止のために塩を振っておきます

230220-083442-IMG_7888(1).jpg

使った塩はこちらの天然海水塩

230220-083055-IMG_7886(1).jpg

これだけ塩を振ってもカビが生えるのでラップで蓋を

230220-083447-IMG_7889(1).jpg

安全性を考慮しポリラップ

230220-083622-IMG_7890(1).jpg

さらにこの上にカビ防止で酒粕で蓋をしました



そして外気に触れないようにクレラップ(食品に触れない箇所)

230220-083653-IMG_7891(1).jpg



これで冷暗所というか温度変化の少ないところに放置!

カビが生えたらカビてるところを捨てればOK

味噌は発酵食品だし良質の塩で作れば塩分補給もできて最高です



田舎だと家の裏に味噌小屋(蔵)ってのが当たり前のようにあって

各家庭で味噌は手造りだったんですよねぇ~

10月くらいから食べれるようになります(^_‐)



 


 

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2023/03/08(水) 17:22:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実大実験2

前回は実大実験の梁材の曲げ破壊までやりました

実験結果と試験場職員の話から杉無垢材でもイケるという話



しかし木造建築は柱と梁の接合部が問題です

鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合は構造計算によって確かめられます

じゃぁ~木造は?



木造の柱梁接合部はズレ防止の切り欠きは有れど載せてるか差し込んでる

その抜け止めに木製の栓が差し込まれているだけ...(伝統技法)

そして2000年までは釘や鎹(子はかすがいのあれ)により抜け止めの実施程度でした



建築基準法の耐震基準は大地震ごとに強化されて今に至ります

1995年に初めて接合金物が推奨され2000年に義務化されました

それまでの木造住宅は筋交いが突っ張りの役割だけを果たしました



突っ張るだけなので外れたり柱と梁や桁が抜けたり柱が土台から抜けたり

そうすると簡単に崩れてしまいますから外れないように抜けないように

接合部分に作用する力(N値)を計算して見合う耐力の金物を付けるようになりました



それによりつっかえ棒だった筋交いが引張にも耐えるようになる

建物全体が固くなることで地震に耐える⇒未固定の家財が飛ぶ(笑

建物が固くなれば接合部の変形も少なくなるので木が痩せる量も減ります



古い木造建築は地震エネルギーを吸収して木組みが痩せ揺れやすくなります

東日本大震災以降もそういう話はよく聞きます

実家なんて傾いてたのに真っすぐになっちゃいました(^^)V



さて実験の話ですが先ずは梁・桁の継手部分の引張試験(120角杉E70)

230225-145406-IMG_7963.jpg

腰掛け鎌継(かまつぎ)という継手です



これを左右から引っ張るとどこが壊れるか?

横の黒い部品は変位量を測定するセンサーで拘束していません

230225-145523-IMG_7965.jpg

だんだん開いてきました



そして抜けてしまいました

230225-145735-IMG_7970.jpg

壊れたのは当たり前ですが罐の出っ張り部分



続いて同じ腰掛け鎌継に短冊金物を両面に取り付けたもの

230225-151102-IMG_7974.jpg

使った金物はこちら

230225-150536-IMG_7973.jpg

両面に使用するので10.1KN×2で20KNの耐力がある予定



20KNでは特に変化はなく

230225-151153-IMG_7976.jpg

30KNあたりでピキッ!っという音と板の端部が浮き始めます



そして42KNあたりでビス頭がプレートから抜けて終了

230225-151721-IMG_7984.jpg

反対側

230225-151746-IMG_7985.jpg

金物有りと無しのグラフ比較

230225-151702-IMG_7983.jpg

無しでも17KN程度は耐えたようです

計算による理論値は6~7KNだったので栃木県産材の強さが出ていますね

そして金物の保証強度は低めに設定されていることが分かります(安全側)



次に土台から柱を引き抜く実験です(120角杉E70)

230225-155048-IMG_7988.jpg

付いてる金物は一般的なリトルコーナーという引張耐力6.5KNの商品です

金物記号で言うと(は)に該当します

8KNまで加力して浮きは2mm程度で終局値は約20KNで20mm浮きました




今度は梁と桁や小梁の接合部の金物で羽子板ボルトというもの

230225-160604-IMG_7989.jpg

試験は立てていますが実際に使用されるのはどちらも水平です

一般的なプレカットの形状で刻んである状態に羽子板ボルトで固定です

カタログの許容耐力は10.2KNですが終局は22KNだったかな?



というわけで実際にやってみるとイメージがつかめるのが実大実験のいいところ

今回の主催はJSCA栃木という団体です

私は青年部に名前が載っています(いつまで青年なのかは不明)



アネハ事件以降厳しさを増すはずだった建築確認の審査内容

建築士の設計する一定規模までの建物(4号建築)は構造規定をパス(4号特例)

これを無くすぞと国が言ったら壁量計算もN値計算も出来ない先生が慌てる(笑



業界が慌てる先生とそれを聞いて腹を抱えて笑う技術者と...

けっきょく特例はまだ続いていますが近々厳しくなるとか?

2025年に4号特例が縮小される予定です



簡単に言うと2階建ての木造住宅でも

200㎡(60坪)超えると壁量計算書添付

300㎡(90坪)を超えると許容応力度計算書添付

住宅専門の先生にはあまり影響ないかな?



計算できない先生は構造屋に依頼しないと柱や梁の大きさが決められないから

鉄骨造とかになると計算書の添付義務は無くても計算することは多い

添付義務が500㎡超から300㎡超になるからうちは仕事増えるかな?



というわけで家を建てる時は営業マンの印象が良いから決めたとか(笑

デザインが良いとかカタログがしっかりしてるとかで選ばずに

ちゃんとした設計事務所(建築士事務所)に依頼することをお勧めします



安心と安全はタダじゃない



 


 

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

  1. 2023/03/04(土) 11:36:47|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひげ太.

Author:ひげ太.
カツオのいない磯野家はマスオが主役(^_-)V

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日常 (450)
クルマ (349)
KDH206V (36)
LH119V (129)
JA11V (53)
RG1 (6)
バイク (539)
GPz750 (56)
GT750 (73)
Vストローム250 (10)
スーパーシェルパ (6)
KLX230RS (31)
CRF125F (11)
リトルカブ (32)
CL50 (6)
自転車 (6)
カメラ (10)
DVT (9)
JCI (8)
建築 (104)
プロフィール (1)
シネマ (79)
園芸 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード